川遊び中の事故、後絶たず ライフジャケットでリスク減

有料会員記事

板橋洋佳、滝沢卓
[PR]

小さないのち ある日突然

 大好きなピアノ教室に向かう車の中。吉川慎之介君(当時5歳)は突然言い出した。「お母さん、僕が生まれてうれしかった?」

 「もちろん! すごいうれしかったよ」。母の吉川優子さん(45)が答えると、慎之介君は「ありがとう」と笑った。

 その次の日に事故は起きた。12年7月、愛媛県西条市。私立幼稚園のお泊まり保育での川遊び中、水かさが増し、慎之介君が流された。150メートル下流で見つかったが、助からなかった。園側はライフジャケットを着用させていなかった。今年5月には、元園長に業務上過失致死傷罪で罰金50万円の有罪判決が言い渡された。

 川やプールなどで子どもが溺れて亡くなる事故は繰り返されている。警察庁によると、11~15年に全国で272人の子どもが死亡・行方不明になった。河川が127人と5割近くを占める。

 人が溺れる原因を研究する栗…

この記事は有料会員記事です。残り455文字有料会員になると続きをお読みいただけます。