[PR]

 米宇宙企業スペースXの無人ロケット「ファルコン9」が1日午前(日本時間同日夜)、米フロリダ州のケープカナベラル空軍基地で、打ち上げ前の試験中に爆発した。米国の宇宙開発を牽引(けんいん)してきた同社の主力ロケットの事故は、今後の米航空宇宙局(NASA)の計画だけでなく、宇宙産業全体にも影響を与える可能性がある。

 米メディアによると、ロケットは2日後に打ち上げを予定していた。点火試験中に突然、ロケット上段付近から爆発、大破した。詳しい原因などはわかっていない。事故によるけが人はなかったが、搭載していたイスラエル企業の通信衛星などが失われた。米フェイスブックなどの出資で、アフリカ諸国にインターネット環境を提供するために活用するはずだったという。

 スペースXは、NASAから委託を受けて国際宇宙ステーション(ISS)への無人補給船を打ち上げているほか、早ければ2017年に、米国としては11年に退役したスペースシャトル以来となる有人宇宙船の打ち上げを計画していた。

 ファルコン9は、昨年6月にも発射直後に上空で爆発事故を起こしたが、機体に改良を加えるなど信頼性を高めた上で約半年後に打ち上げを再開。コスト削減を図るため、打ち上げ後に機体の一部を回収する試験にも成功しており、打ち上げビジネスの拡大を進めている矢先だった。(ワシントン=小林哲

こんなニュースも