[PR]

 千葉県は2日、君津市の認可外保育施設「ゆいまーる」で7月、預けられていた生後11カ月の男児が死亡した、と発表した。県は施設の体制について、国の指導監督基準を満たしていない点があったとして、8月29日に改善勧告をした。

 県によると、7月17日午後2時ごろ、施設長で保育士の男性(40)が男児にミルクを飲ませて布団で昼寝をさせた。同4時45分ごろ、男児が嘔吐(おうと)をしてぐったりとしているのに気づいた。救急搬送されたが、死亡が確認された。司法解剖したが死因は分からなかった。男児は仰向けで寝ていたという。

 同施設の保育士は施設長の男性1人のみで、補助者が3人。国の指導監督基準では保育従事者は2人以上が必要だが、当時は男性1人で死亡した男児を含め2人の子どもをみていた。

 同施設は2011、12、15年度の3回、基準を満たしていないとして、県から指導を受けていた。男児死亡後の立ち入り調査でも1人で保育する時間が確認されたため、県が勧告を行った。県は、第三者検証委員会を設置し、施設の対応や改善策を検討する。