[PR]

 京阪電鉄は、2017年に導入する特急の新型車両の名前を「プレミアムカー」に決め、デザインを発表した。京阪では初の有料の座席指定となる。

 新型車両には、3列のリクライニングシート約40席を配置。全席にコンセントがあり、パソコンを使える大型テーブルを備えた席も。外観は、京阪特急のイメージカラーの赤色を踏襲し、扉や内装に金色をあしらい、高級感を出した。

 大阪と京都を結ぶ京阪本線の8000系車両(8両編成)に1両ずつ導入する。指定席の料金は500円未満の想定。淀屋橋―出町柳駅間(470円)の運賃に匹敵するが、担当者は「それを上回るゴージャス感があります」とアピールしている。(広島敦史)