[PR]

 民進党代表選が2日、告示され、蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎氏(47)が立候補し、三つどもえの構図となった。岡田克也代表による共産党との共闘や憲法改正への対応が問われる。国会議員票で先行する蓮舫氏に、前原氏らが巻き返せるかが焦点だ。15日の臨時党大会で選出される。

 蓮舫氏は日本記者クラブの討論会で「ガラスの天井を壊すことで、一人でも多くの女性と、支えている男性が、元気になっていただきたい。それが私の『新世代』民進党代表としての姿だ」と訴え、女性リーダーへの決意を強調した。

 また、共同記者会見では「この政党を政権交代まで導いていく覚悟を持っているので、私自身が参院議員ではいけない。覚悟はいつでも行動に移そうと考えている」と述べ、衆院へのくら替えに意欲を示した。

 前原氏は会見で、次期衆院選での共産党との共闘について「衆院選は政権選択選挙なので、岡田路線はリセットすべきだ」と明言した。民主政権時代の反省を念頭に「戦犯である私が代表になって、ゼロからお話しすることが一番のスタート」と強調。憲法9条を含めた憲法改正論議の必要性にも踏み込んだ。

 若手議員に推されて出馬を模索していた玉木氏は、菅直人元首相らの推薦を得た。「『若すぎる』と、どれだけの人に何回言われたか分からない。でも、変革の思いをがむしゃらに訴えないと、本気で変わろうとする覚悟を見せることができない」と会見で訴えた。