[PR]

 民進党代表選に立候補した玉木雄一郎氏が候補者の共同記者会見で、名刺やホームページに「民進党」の党名を書いていないことを指摘され、「更新が遅れている」「米国の議員をまねした」などと説明。会見で並んでいた蓮舫氏が笑い出す一幕があった。

 玉木氏が使っている名刺は、表に「衆議院議員 玉木雄一郎」と記し写真を載せている。裏面には経歴や「一所懸命。」のキャッチフレーズ、事務所の連絡先があるが、「民進党」の文字はどこにもない。

 玉木氏は「米国の上院議員、下院議員は確か政党のロゴなどを名刺に入れません。それをまねしました」と説明。米ハーバード大大学院の卒業生だけに、「米国流」を強調した。

 ただ、ホームページのトップページにも2日午前まで「民進党」の文字はなかった。これから代表を目指すのに、党名を隠そうとしていたと受け取られかねないが、玉木氏は「更新が遅れています」と説明。同日午後になって、「民進党代表選出馬の決意」などの記述が追加された。(星野典久)