映画監督で脚本家の松山善三(まつやま・ぜんぞう)さんが8月27日午後8時41分、老衰のため死去した。91歳だった。近親者で葬儀を営んだ。

 社会的弱者をヒューマニズムの視点から描いた作品を数多く発表した。ろうあ者同士の夫婦が戦争末期から戦後までを生き抜く「名もなく貧しく美しく」で1961年に監督デビュー。サリドマイド薬害で肢体が不自由に生まれた女性が自ら主演し、明るく生きる姿を描いた劇映画「典子は、今」(81年)は大きな反響を呼んだ。

 神戸市生まれ。岩手医学専門学校(現岩手医大)中退後、48年、松竹大船撮影所に入社。木下恵介監督の「二十四の瞳」などに助監督として参加した。54年から脚本家として活動。小林正樹監督の「人間の條件(じょうけん)」シリーズや成瀬巳喜男監督の「乱れる」、豊田四郎監督の「恍惚の人」などを手がけた。脚本が一般公募された77年の角川映画「人間の証明」(佐藤純弥監督)ではプロの松山さんの脚本が選ばれた。他の監督作品に「母」「虹の橋」など。

 「二十四の瞳」に主演した俳優の高峰秀子さんと55年に結婚。2010年に高峰さんが死去するまでおしどり夫婦として知られた。