【音声】志賀直哉が朗読する「山鳩」
[PR]

文豪の朗読

《志賀直哉が読む「山鳩」 朝吹真理子が聴く》

 十代のころ、海沿いの旅館で「山鳩」を読んだ。温泉からあがって、けだるくなったからだを横たえて、持ってきていた志賀直哉の短篇(たんぺん)のうちのひとつだった。短いのに、読んだあとつぎの話へとページが進められず、そのまま本を閉じたことを覚えている。

 つがいで飛んでいた山鳩が、友…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース