[PR]

 東京都の小池百合子知事は2日、都内で開かれた自民党の野田聖子・元総務会長の政治資金パーティーで「野田先生が選挙を手伝ってくれていた。『ここに行け、あそこに行け』と(野田氏の地元の)岐阜から指令が飛んだ」と7月末の都知事選での野田氏の「支援」を明かし、親密な関係を強調した。

 知事選では、既成政党の支援を受けなかった小池氏が、自民党などが推薦する増田寛也元総務相らを破り当選しただけに、小池氏は「確実に処分対象ではないかと思っていたが」と語り、会場の笑いを誘った。

 野田氏は、安倍首相が再選された昨秋の党総裁選で立候補断念に追い込まれたが、あいさつで「総裁になることが目標でなく、そこに至る道のりを大切にしたい」としたうえで、「来年9月のパーティーには記念品として、政策集を差し上げることができるように頑張る」と強調した。パーティーには自民党の二階俊博幹事長や石破茂・前地方創生相も出席した。二階氏は「(女性総裁の)最短距離にいるのは、誰が考えても野田さん」と持ち上げた。

こんなニュースも