[PR]

 日産自動車は2日、高速道路で自動運転機能が使える新型ミニバン「セレナ」に発進時の不具合が見つかり、出荷を一時止めたことを明らかにした。8月24日に売り出して話題を呼んだ最新の車種だが、出荷再開は9月中旬から下旬になる見通しだ。

 日産によると、出荷前の2台と販売店に届いた1台の計3台について、停車時に自動的にエンジンが止まる「アイドリングストップ」の後、再発進する際に不具合があるとの報告が販売店などからあった。8月27日から出荷を停止し、販売店には9月1日、新車登録と納車をいったん止めるよう指示した。

 発電機に絡む不具合があったとみられるが、詳細は調査中。各社とも自動運転の開発競争を加速させているが、セレナは渋滞時のノロノロ運転でもハンドル制御を車に任せることができることなどから注目を集めていた。