[PR]

 南米を中心に感染が広がるジカウイルス感染症(ジカ熱)について、世界保健機関(WHO)の専門家委員会は2日、「リオデジャネイロ五輪の参加者に感染の報告はない」と発表した。

 一方で、専門家委員会は、国際的な感染拡大が続いていることや、ジカ熱と新生児の小頭症などとの関連についての知見がいまだ不十分なことから、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」の維持をチャンWHO事務局長に勧告し、チャン氏は受け入れた。

 WHOによると、ジカ熱は、米州を中心に72の国や地域に広がっている。(ジュネーブ=松尾一郎