[PR]

小さないのち ある日突然

 7月、日本小児救急医学会などが主催した仙台市でのセミナーで、生後10カ月の息子を亡くした一人の女性(35)が語り始めた。

 「4年半過ぎましたが、息子の動きに気づけなかった自分への強い嫌悪感や後悔は消えません」

 今でも、小さな子どもを見れば、息子はどう成長していただろうと思う。息子との思い出がだんだん遠くなっていくようで、悲しくなる。

 事故は11年秋、東北地方の温泉旅館で起きた。和室でくつろいでいると悲鳴が聞こえ、振り返るとテーブルの電気ポットが倒れ、息子が全身に熱湯をかぶって座り込んでいた。救急車が到着するまで、救急隊員の指示に従い、部屋にあった氷水をかけて冷やした後、低体温にならないようタオルなどでくるんだ。搬送された病院では治療できず、大学病院へ。泣き声はどんどん小さくなっていき、1日半後に息を引き取った。

 息子はつかまり立ちができるよ…

この記事は有料会員記事です。残り1498文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1498文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1498文字有料会員になると続きをお読みいただけます。