[PR]

 将棋の棋士養成機関「奨励会」所属の藤井聡太(そうた)三段(14)が3日、10月1日付での四段昇段(プロ入り)を決めた。14歳2カ月でのプロ入りは史上最年少で、元名人の加藤一二三(ひふみ)九段(76)の14歳7カ月を抜き、62年ぶりに記録を更新。中学生棋士としては史上5人目になる。

 奨励会(三段~6級)の三段は、半年かけて計18局を戦う「三段リーグ戦」(今期29人)で、上位2人に入れば四段になれる。3日、東京都渋谷区の将棋会館であったリーグ戦最終日、藤井三段は1局目こそ敗れたが、競争相手も相次いで敗戦。2局目は勝って13勝5敗とし、リーグ1位でプロ入りを決めた。

 藤井三段は「1局目敗れてしま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら