[PR]

 香港民主化の行方を左右する立法会(議会)選挙の投票が4日午前、始まった。同日夜に締め切られ、5日昼ごろには結果が判明する見通しだ。

 2年前の大規模デモ「雨傘運動」で行政長官選挙の民主化が実現できなかったことを受け、民主勢力内では、香港独立などを訴える急進的な「本土派」など新たな候補が乱立。既存の民主派と票を奪い合う形になっており、民主派の苦戦が予想されている。

 中国側から提案される選挙制度改革など、重要な法案を否決できる3分の1以上の議席を民主派が維持できるかが注目されている。(香港=延与光貞)

こんなニュースも