[PR]

 民進党代表選(15日投開票)の公開討論会が4日、福岡県久留米市であり、憲法9条に対する蓮舫代表代行(48)、前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎氏(47)の考えの違いが浮き彫りになった。前原氏は自衛隊を憲法に位置づける「加憲」を主張。蓮舫、玉木両氏は否定的な見解を示した。

 討論会参加者の質問に3氏が答えた。前原氏は「(戦争放棄を定めた)9条1項、(戦力不保持を定めた)2項は守ったうえで、『加憲』で自衛隊の位置づけをするべきだ」と発言。改正論議を党内で提起する考えを示した。これに対して、蓮舫氏は「9条は絶対変えて欲しくないという国民の声を大切にする」、玉木氏も「海外での武力行使につながるような改正に反対だ」と述べた。

 一方、岡田克也代表はこの日、地元三重県の選挙区臨時大会で、「党を一歩進めるため、女性がなるのがわかりやすい」と語り、党員・サポーターに蓮舫氏支持を呼びかけた。

こんなニュースも