[PR]

 4日午後3時50分ごろ、北海道網走市北1条西2丁目の網走川左岸から、「川で遊んでいた2人が流された」と118番通報があった。いずれも道立網走桂陽高校1年の渡辺龍太郎さん(16)=網走市駒場南1丁目=と鬼塚圭吾さん(15)=同市能取=が行方不明となっており、網走署や網走海上保安署、消防が捜索している。

 網走署や高校によると、同校野球部の男子生徒ら11人が部活動後に河川敷に遊びに行き、このうち5人が川に入った。渡辺さんと鬼塚さんが対岸に向かって渡ろうとしたところ中央付近で流され、約200メートル下流の網走橋付近で姿が見えなくなったという。土田聖司(せいじ)校長は「早く無事で見つかってほしい。今はそれだけです」と話した。

 現場は同校から約1・5キロ南東。国土交通省北海道開発局網走開発建設部によると、網走川は度重なる台風の上陸や接近の影響で、通常より50~60センチ程度水位が上がっており、流れも速くなっているという。