[PR]

 国際自然保護連合(IUCN、本部・スイス)は5日、絶滅の恐れがある動植物を記載した「レッドリスト」の最新版を発表した。アフリカ東部に生息するヒガシゴリラが違法な狩猟で激減しているとして、絶滅危惧種の3段階の分類で最も深刻な「絶滅危惧1A類」へと、危険度を引き上げた。

 IUCNは8万2954種を評価し、そのうち2万3928種を絶滅の危機にあるとしている。

 ヒガシゴリラにはヒガシローランドゴリラとマウンテンゴリラの2亜種がいる。IUCNによると、密猟などでヒガシゴリラの生息数は20年間で70%以上減り、現在は5千頭以下とみられる。

 大型類人猿6種のうちニシゴリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも