[PR]

 北朝鮮は5日午後0時14分、朝鮮半島西側の黄海北道黄州(ファンジュ)付近から、日本海に向けてノドン中距離弾道ミサイル(射程1300キロ)3発を発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。同本部や防衛省によれば、3発はいずれも約1千キロ飛行し、北海道・奥尻島の西200~250キロの日本海上に落下した。

 この海域は、日本が最大で周辺200カイリ(約370キロ)に設定した排他的経済水域(EEZ)内で、船舶などの被害は確認されていない。

 北朝鮮の弾道ミサイル発射は、8月24日の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)以来。8月3日にもノドン1発が日本のEEZ内にあたる秋田県の西沖約250キロに落下した。今年3月に国連安全保障理事会が北朝鮮への制裁を強化する決議を採択して以降、発射は20発を超える。

 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮は今回、中国で主要20カ国・地域(G20)首脳会議が開かれている最中に国際社会との対決姿勢を示すとともに、金正恩(キムジョンウン)体制の引き締めを狙ったとみられる。

 過去の安保理決議により、北朝鮮は弾道ミサイルの発射が禁じられている。

 安倍晋三首相は5日、G20首脳会議の会合で「G20サミットで一堂に会している時に許し難い挑発行為が行われたことに対し、国際社会や国連安全保障理事会を含め、断固たる対応をとるべきである」と述べた。

 日本政府高官は今回ミサイルが1千キロ程度飛行したことについて、「杭州がちょうど1千キロの射程にぴったりおさまることを意識してのことだろう」と指摘。G20への牽制(けんせい)との見方を示した。(ソウル=牧野愛博、杭州=相原亮)