[PR]

 韓国海運最大手の韓進(ハンジン)海運が経営破綻(はたん)し、運航船舶が世界各国で立ち往生している問題で、同社や大韓航空を傘下に収める財閥「韓進グループ」の趙亮鎬(チョヤンホ)会長が400億ウォン(約37億円)相当の私財を投じることになった。同社が6日、発表した。

 同社はこのほか、コンテナターミナルなどの保有資産を担保に600億ウォンも捻出。計1千億ウォンを投入し、立ち往生している船舶の入港と荷役作業を進める考えだ。ただ、当面の作業には3千億ウォン相当の資金が必要との指摘も出ている。

 韓国政府は6日朝、政府与党合同会議を開き、同社が資産などを提供する場合、1千億ウォン以上の低利融資を検討することを決めた。立ち往生が長期化している船舶の乗員に水や食糧も支援する。

 同社によれば6日現在、同社の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら