[PR]

 自民党の若狭勝衆院議員(59)=比例東京=は6日、党本部で二階俊博幹事長らと会談し、小池百合子氏の東京都知事転出に伴う衆院東京10区補選(10月11日告示、同月23日投開票)に立候補する意向を伝えた。党側は若狭氏擁立を軸に調整を進める方針だ。

 会談には、党東京都連会長に内定した下村博文・党幹事長代行が同席。若狭氏が「私は出馬するつもりだ」として党が近く始める候補者公募に応じる考えを伝えた。二階氏はうなずきながら聞いていたという。

 若狭氏は、7月の都知事選で自民推薦候補らを破り当選した小池氏を支援しており、党都連内で処分を求める声が上がっていた。

 二階氏はこの日の会談で、若狭氏を口頭で厳重注意。除名などの処分を定めた「党規律規約」には含まれない非公式な「処分」で決着させた格好だ。下村氏も「けじめは今日でついた」と明言した。都連幹部の一人は「公募の状況を見ての判断だが、少なくとも都連として誰かを推す考えはない」と語った。

 二階氏は自民党と小池氏の対立…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも