[PR]

 福岡県豊前市で昨年1月、小学5年の女児(当時10)が殺害された事件で、殺人や死体遺棄などの罪で起訴された土建業、内間(うちま)利幸被告(47)=同市=が、12日に福岡地裁小倉支部で始まる裁判員裁判で、殺意を否認する意向であることが関係者への取材でわかった。検察側は遺体の状況などから殺人罪などを立証する方針で、殺意の有無や量刑が争点となる。

 起訴状などによると、内間被告は昨年1月31日、市内の知人男性宅で女児の首を絞めて窒息死させ、遺体をバッグに入れて運び、自宅の押し入れに遺棄したなどとされる。女児は内間被告の内妻の子どもと友人で、この子どもと遊ぶため、母親に車で送られた後に行方不明になった。女児からの最後のメールには、被告と一緒にいると書かれていた。

 県警は昨年2月、内間被告を死…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら