[PR]

 日産自動車は7日、ボンネット内の発電機に不具合があり発火する恐れがあるとして、8月24日に発売した新型ミニバン「セレナ」9481台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

 国交省によると新型セレナでは、停車時に自動的にエンジンが止まる「アイドリングストップ」の後、再発進する際にエンジン脇の発電機に電流が流れる。この回路が設計よりもろかったため、電流でショートし発火する可能性があるという。

 兵庫県内で8月27日、ディーラーで試乗中にボンネットから煙が出るトラブルが1件確認されたという。けが人はいなかった。日産は同日から出荷を停止している。問い合わせはお客さま相談室(0120・315・232)。