天皇陛下のお気持ち表明を受けて、安倍政権は生前退位を一代限りの特別措置法で実現させる考えだ。政権の中枢には、皇室のあり方を定めた皇室典範に手をつければ、議論が複雑になりかねないとの懸念がある。

 「陛下があそこまではっきりとおっしゃった。重い言葉だ。政府が1年も放っておけば批判を浴びる」。先月8日にあった天皇陛下のお気持ち表明の後、安倍政権の幹部のひとりはそう語った。

 天皇陛下の意向と、生前退位を容認する報道機関の世論調査の結果、そして意向を実現するための課題などを踏まえ、政府がたどり着いた手法が「一代限りの特措法」だった。

 憲法は皇位について「皇室典範…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら