[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議が開かれているラオス・ビエンチャンで7日、フィリピンのドゥテルテ大統領とオバマ米大統領が握手し、言葉を交わした。フィリピン外務省報道官が明らかにした。

 両者は6日に首脳会談が予定されていたが、ドゥテルテ氏のオバマ氏への「暴言」をきっかけに中止されていた。ドゥテルテ氏はその後に発言を「後悔」していた。2人の会話は各国首脳が出席する夕食会前の待合室でのことで、会話の内容はわかっていない。

 夕食会ではドゥテルテ氏がオバマ氏の隣に座るとの情報まで流れたが、実際は席は離れていて会話もなかった。それでもドゥテルテ氏は夕食会後、朝日新聞の取材に「素晴らしい食事会だった。唯一残念だったことがある。始まるのが遅くておなかがすいたことだ」と上機嫌で話した。(ビエンチャン=鈴木暁子)