[PR]

 タカタ製エアバッグの不具合をめぐる問題で、ホンダは8日、「フィット」など16車種計66万8816台(2009年1月~11年12月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。米当局のリコール対象拡大に伴い、国交省が追加リコールを指示していた。

 対象はほかにフィットシャトル、フリード、フリードスパイク、インサイト、インサイトエクスクルーシブ、シビック、シビックハイブリッド、エリシオン、エリシオンプレステージ、CR―V、アコード、アコードツアラー、インスパイア、レジェンド、FCXクラリティ。問い合わせはお客様相談センター(0120・112・010)。

 またホンダは、燃料ポンプに不具合がありエンジンがかからなくなる恐れがあるとして「スーパーカブ110」などバイク11車種、15万5761台(11年12月~15年10月製造)のリコールや改善対策を届け出た。