[PR]

 韓国ロッテグループによる不正資金疑惑をめぐり、ソウル中央地方検察庁は8日、創業者の辛格浩(シンギョクホ)氏(93)=日本名・重光武雄=を脱税の疑いで事情聴取した。辛氏の健康状態を考慮し、ソウル市内にある同氏の事務室で行った。

 同地検は、同氏が日本のロッテホールディングス(HD)の持ち株を長女の辛英子被告(横領罪などで起訴)や事実婚の配偶者、徐美敬(ソミギョン)氏ら3人に贈った際、数千億ウォン規模の贈与税を払わなかった疑いを持っている。

 ロッテ側によれば、辛氏は「時効ではないか。支払った側は罪に問われないのではないのか」と説明する一方、問題があれば納税する考えも示した。

 同地検は日本に滞在して帰国要…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも