[PR]

 自動車部品の防振ゴムを作っている住友理工(名古屋市)は、ポケモンGOなどのスマートフォンゲームを、勤務中だけでなく休憩時間や通勤中も禁止している。従業員に危ない歩きスマホをやめさせて、安全を守る狙いという。

 7月下旬、ポケモンGOのサービスが日本で始まったのを受けて、世界105拠点の従業員約2万4千人にメールで通達した。

 ネット上では「厳し過ぎる」といった反応も出ているが、広報の担当者は「罰則はなく、あくまで注意喚起。スマホゲームは帰宅後や休日に安全第一で楽しんでほしい」と話す。

 住友理工は一方で、スマホゲームを楽しむ人が自社工場などに過って入るのを防ぐため、警備も強化したという。(高橋諒子)

こんなニュースも