[PR]

 環境省は8日、国の特別天然記念物のトキを石川県能美市のいしかわ動物園で一般公開すると発表した。トキは新潟県佐渡市以外に4カ所で分散飼育されているが、佐渡島以外で一般公開されるのは初めて。公開を始める時期は今後決める。トキの保護活動への理解を広めるのがねらい。

 いしかわ動物園では2010年1月からトキが飼育されている。今回公開されるのは、01年生まれのオスと03年生まれのメスのペアなど計5羽。環境省が新潟県の佐渡トキ保護センター、石川県と協議して公開を決めた。

 佐渡島以外でトキを一般公開することについては、観光への影響を心配して佐渡市が以前は反対の意向を示していた。環境省は繁殖に適さないトキなどに限って公開するルールを定め、それに基づいて公開するとして理解を求めてきた。

 国は一度野生で絶滅したトキの野生復帰を目指し、佐渡島で保護や放鳥に取り組んでいる。トキが一斉に鳥インフルエンザなどの病気にかかって全滅するリスクを防ぐため、石川県のほか東京都日野市の多摩動物公園や島根県出雲市、新潟県長岡市の施設の計4カ所で分散飼育されている。(小堀龍之)