[PR]

 気象庁によると、東日本と北日本では大気の状態が非常に不安定になっている。東北の太平洋側では8日夜のはじめから9日未明にかけて、雷を伴って1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る恐れがある。東日本でも8日夜遅くにかけて、雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性がある。

 9日夕までの24時間雨量は、北海道と東北の太平洋側の多いところで120ミリ、東北の日本海側と北陸で100ミリと予想される。