[PR]

 リオ五輪でアーチェリー女子の団体戦と個人戦に出場した川中香緒里さん(25)=琴浦町出身=が9日、県庁に平井伸治知事を表敬訪問した。川中さんは団体戦は準々決勝で、個人戦は2回戦で敗れ、2大会連続のメダル獲得を逃した。

 川中さんは「10月には国体があるので、これからもがんばっていきたい」と選手生活の続行に意欲を示した。平井知事は「リオでも立派なプレーをして、私たちに深い感動を与えてくれた」とねぎらった。

 川中さんは取材に対し、「前回メダルを取っていたことが緊張につながった。自分自身に負けてしまったのかなと思う」とリオ五輪を振り返った。4年後の東京五輪については「まずは目の前の試合を目標にしていきたい。実力がついていけば出てみたい」と笑顔で話した。(柏樹利弘)