[PR]

 第73回ベネチア国際映画祭は10日夜(日本時間11日未明)、コンペティション部門最高賞の金獅子賞にフィリピンのラブ・ディアス監督の「ウーマン・フー・レフト」を選び、閉幕した。同部門に日本からの参加作品はなかった。

 他の主な賞は次の通り。

 銀獅子賞(審査員大賞)=「ノクターナル・アニマルズ」(トム・フォード監督)▽銀獅子賞(監督賞)=「パラダイス」(アンドレイ・コンチャロフスキー監督)、「アンテイムド」(アマト・エスカランテ監督)▽女優賞=エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)▽男優賞=オスカル・マルティネス(名誉市民)▽脚本賞=ノア・オッペンハイム(ジャッキー)▽審査員特別賞=「バッド・バッチ」(アナ・リリ・アミリプール監督)▽マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)=パウラ・ビア(フランツ)(ベネチア=佐藤美鈴)