[PR]

 米ニューヨークで11日、15年前の同時多発テロの追悼式に出席していた民主党大統領候補のクリントン氏(68)が体調を崩し、予定より早く退席した。陣営によると、「暑くなりすぎたため娘の自宅に移り、体調が回復した」という。

 追悼式は、テロで崩壊した世界貿易センタービルの跡地で開かれた。クリントン氏は午前8時すぎに到着し、他の出席者と一緒に立っている様子がテレビでも伝えられたが、同9時30分ごろには離れたらしい。同11時45分ごろにはマンハッタンにある娘の自宅から出てきて、カメラに手を振ってから車に乗り込んだ。

 同じ追悼式には、共和党大統領候補のトランプ氏(70)らも出席していた。(ニューヨーク=中井大助