[PR]

 紛争が続くアフリカ中部のコンゴ民主共和国で、兵士らからレイプを受けた被害者の救済を続け、ノーベル平和賞の候補にも挙がる婦人科医ドニ・ムクウェゲさん(61)。その活動を描いたドキュメンタリー映画「女を修理する男」が21日午後6時から、目黒区の東大駒場キャンパス18号館ホールで上映される。

 同国では1996年に紛争が勃発。97年に反政府勢力が独裁を続けていたモブツ大統領から政権を奪取したが、翌年に新たな反政府勢力が武力闘争を始めた。2002年末に和平合意が成立したが、現在も戦闘が続く。兵士らは住民を支配する手段として日常的にレイプを繰り返している。

 ムクウェゲさんは98年に東部のブカブで病院を設立。暗殺未遂に遭いながらも、性暴力の被害者に治療と精神的ケアを施してきた。世界各地で女性の人権尊重を訴え続け、国連などから表彰されている。

 東大の「社会構想マネジメント…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら