[PR]

 英国のメイ首相は13日、ロンドン訪問中のアウンサンスーチー・ミャンマー国家顧問兼外相と会談した。英政府によると、スーチー氏が率いる国民民主連盟(NLD)が2015年の総選挙で勝利した後、スーチー氏がアジア以外の国を訪れるのは初めて。スーチー氏は大学生の頃から民主化運動に加わった1988年まで英国で暮らした。亡夫も英国人で、英国とのつながりが深い。

 スーチー氏は英国の支援に感謝を表明。メイ氏はミャンマーの発展に向け、さらなる支援をする用意があると伝える一方、ミャンマー軍による人権侵害について懸念を表明したという。

 両者は、ミャンマーが雇用創出や良質な医療へのアクセス改善、教育制度の改革などで前進を遂げることが重要との認識で合意した。英国の欧州連合(EU)離脱についても議論され、英国が外向きであり続けることが重要だという認識で一致したという。(ロンドン=笹井継夫

こんなニュースも