[PR]

 世界反ドーピング機関(WADA)は13日、選手のドーピング検査履歴など世界中のドーピング情報を一元的に管理するコンピューターシステム「ADAMS(アダムス)」がロシアのハッカー集団に不正にアクセスされたと発表した。ロシアでは国家主導のドーピングが発覚し、リオデジャネイロ五輪では陸上などで多くの選手が出場できなくなり、パラリンピックでは選手団ごと大会から除外されている。

 WADAによると、リオ五輪のために作られた国際オリンピック委員会(IOC)のアカウントを通じ、データベースがハッキングされたとみられる。WADAは、病気やけがの治療のために禁止薬物の使用が認められる治療使用特例(TUE)など機密情報が流出したことを認めたが、具体的に誰の情報かなどは明らかにしていない。

 ハッカー集団は自らを「ファンシーベアー(幻想的な熊)」と名乗り、サイト上に米国の4選手のTUEやリオ五輪での検査結果を掲載。テニス女子のセリーナとビーナスのウィリアムズ姉妹、体操女子で個人総合など四つの金メダルを獲得したシモーン・バイルス、バスケット女子金メダルのエレーナ・デレ・ダンについて、興奮作用のあるアンフェタミンやステロイド剤のプレドニゾロンなどの禁止薬物の使用が、治療のために国際競技団体から特例的に認められていたとする内部文書を公表した。同集団は今後、米国だけでなく、ハッキングで得た他国の選手の情報も明らかにするとした。

 バイルスはツイッターで「多動性障害のため、子どもの頃から薬を使っていてルールに従っている」と反論。IOCもロイター通信に対し、「クリーンな選手を汚すのが目的なのは明らかだ。名前の挙がった選手たちがリオ五輪でドーピング規定違反を犯していないことを確認している」とコメントした。(河野正樹=仏マルセイユ、編集委員・須藤龍也)

こんなニュースも