[PR]

 名古屋の百貨店に、美容や健康がテーマの新手の売り場が広がりつつある。化粧品売り場とは別の場所に、エステサロンを誘致したり、効果をうたう商品を並べたり。主力の衣料品の売れ行きが振るわないなかで、店側は「新たな集客の目玉に」と期待する。

 名古屋・栄の老舗百貨店丸栄。3階に15日、「ビューティー コンシェルジュ スクエア」がオープン。エステサロンや美容グッズ、ハーブティーの店、カフェなど女性の美容関連の10店ほどを集めた専門店街だ。客から相談を受ける係員も常駐する。

 丸栄は若い女性向け衣料品が主力だが、ファストファッションやネット通販に押され、業績は低迷。客層拡大をねらい、衣料品売り場を縮小して導入したのが美容専門フロアだった。浜島吉充営業本部長は「他の百貨店と差別化し、20代後半から40代の女性客を呼び込みたい」と話す。

 一方、「健康」に目をつけたの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも