[PR]

 民進党代表選が15日、投開票され、蓮舫代表代行(48)が前原誠司元外相(54)と玉木雄一郎衆院議員(47)を破って新代表に選ばれた。次期衆院選に向け、共産党などとの野党共闘に向けた関係構築や、安倍政権のめざす憲法改正にどう向き合うか。新代表の手腕が問われる。

 蓮舫氏は国会議員と国政選公認内定者、地方議員、党員・サポーターに幅広く浸透。1回目の投票で6割近いポイントを獲得し、圧勝した。党員・サポーターの投票率は40・89%。新代表の任期は2019年9月末まで。

 野党第1党の党首に女性が就任するのは1986年の旧社会党・土井たか子委員長以来。民主党時代を含めて党代表に女性が就くのは初めて。蓮舫氏は臨時党大会で「今の政権と向き合い、批判ではなく提案。国のあり方をもってしっかりと戦って選択して頂ける政党にしたい」と述べた。

 当選後の会見では安倍政権のめざす憲法改正について、国会での議論に「しっかりと参加していく」と表明。党内に調査会を設け、議論を具体化していく意向も示した。一方で、「性急すぎる論点整理には慎重に対応していく」と述べ、時間を掛けて議論すべきだとの考えを示した。

 共産党との関係については、「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら