[PR]

 NHK熊本放送局は14日、警察や消防などから発表された広報資料を、6月から9月にかけて98回、誤ったメールアドレスに送信していたと発表した。

 誤送信したのは、熊本県警、熊本市消防局、県選挙管理委員会などが報道機関向けに発表した広報資料。同放送局の担当者が同僚の記者のメールアドレスを誤って登録していたため、誤送信を続けていた。送信先は調査中という。

 9月上旬に内部からの指摘で発覚した。NHK熊本放送局は「あってはならないことで、関係者のみなさまにおわび申し上げます。今後、こうしたことがないよう再発防止を徹底します」とコメントを出した。