[PR]

 15日の陸上女子200メートル(切断など)で、高桑早生(たかくわさき)が7位に入った。好スタートで勢いよく飛び出したが、中盤から伸びを欠き、予選でマークした28秒77のアジア記録を下回る28秒88。それでも予選、決勝と28秒台をそろえ、この種目で2大会連続入賞を果たした。「そこは大きな成果。満足しています」と笑顔だった。

こんなニュースも