拡大する写真・図版 三菱レイヨンの協力のもと、炭素繊維を使って限定生産されたランボルギーニの「チェンテナリオ」が16日、アジアで初披露された=東京都新宿区、宮崎健撮影

[PR]

 自動車用の炭素繊維で三菱レイヨンが攻勢に出ている。イタリアの高級スポーツ車メーカー・ランボルギーニと、炭素繊維複合材の共同開発を進めることで16日に基本合意。炭素繊維を使った限定生産のランボルギーニ「チェンテナリオ」がアジアで初披露された。両社は互いの技術を組み合わせ、炭素繊維を強化した樹脂の開発などにつなげる。

 炭素繊維は鉄と比べて重さが4分の1、強さは10倍。東レ、帝人、三菱レイヨンの日本勢3社が世界シェアの6割超を握り、車の部材だけでなく、量産車の車体に広く採用してもらおうと開発を競っている。

 とくに三菱レイヨンは、3~4…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら