[PR]

 伝説の忍者、猿飛佐助が主人公の映画「真田十勇士」が公開されている。2014年上演の同じタイトルの舞台を演出した堤幸彦がメガホンを取った。「見たことがない規模の合戦を描きたかった」と語る通り、出城(でじろ)の真田丸や大阪城のセットは本格的で、実写の映像にCGを駆使した合戦シーンが見どころだ。

 天下の名将といわれた真田幸村(加藤雅也)が、実は見かけ倒しの腰抜けだったという設定。関ケ原の戦いから14年後、猿飛佐助(中村勘九郎)や霧隠才蔵(松坂桃李)ら十勇士が、幸村を真の英雄に仕立てようと奮闘する。

 冒頭に驚かされる。十勇士のうち9人が結集するまでが、アニメでテンポよく説明されている。「舞台では一幕かけて描いた内容を7分のアニメに収めた。舞台のままに映画を作ると前後編作になるので、割り切った」と堤は言う。衣装担当の黒沢和子による色鮮やかで奇抜な装いが、数多くの登場人物の個性を際立たせる。

 一昨年の初演の舞台、今回の映画、そしていま東京で再演されている舞台と、三度(みたび)佐助を演じる中村について、「身体能力が抜群に高い。目線が決まるし、硬軟織り交ぜて演じられる。日本の宝、いや怪物ですね」と絶賛する。

 「噓(うそ)」が大きなテーマだ。佐助は「噓も突き通せば本当になる」と言い、弱腰の幸村を支え続ける。「いろんな噓があります。才蔵は火垂(ほたる)〈大島優子〉に、淀殿(大竹しのぶ)は(関ケ原合戦時の)西軍に噓をついている」。「僕自身が『映画監督です』と噓をつき続けているから、身につまされる」とも。テレビ番組の演出をへて1988年に監督デビューした。

 「映画がライトになり、テレビ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら