[PR]

【2014年10月4日朝刊2面】(肩書や年齢などは、紙面掲載時のものです)

 ラスカー賞は米国で最も権威ある医学賞で、受賞者は2割以上が後にノーベル賞を受けている。

 日本人では5年前に同じ京都大の山中伸弥教授が受賞。だから、「次はノーベル賞を」と周囲の期待が高まるのだが、本人は「それはわかりません」と淡々と話す。

 小胞体という細胞内の器官を四半世紀にわたって研究してきた。

 生命活動は細胞で作られるたん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも