[PR]

 佐賀県の教育情報システムから県立高校の生徒の成績などの個人情報が大量に流出した事件で、不正アクセス禁止法違反などの非行内容に問われた佐賀市の無職少年(17)について、福岡高裁は少年の抗告を棄却した。決定は15日付。少年は、少年院送致とした佐賀家裁決定を不服としていた。高裁は「処分の著しい不当はない」としている。

 佐賀家裁の決定などによると、少年は今年1月に佐賀県内の県立高校付近で、校内の無線LANを通じて生徒の成績や住所を管理するネットワークに不正アクセスするなどした。