[PR]

 リオデジャネイロ五輪の体操男子団体総合で金メダルを獲得した田中佑典選手(26)とフェンシングの女子フルーレで16強に入った西岡詩穂選手(27)が21日、母校の県立和歌山北高校の和歌山市内の2校舎を訪問し、生徒、職員らを前に体験を話した。

 田中選手は北校舎で生徒に「リオ五輪での思い出は?」と尋ねられると、「苦楽を共にした仲間と一緒に表彰台に立てたこと。絶景でした」と答えた。また、生徒に技を披露してほしいと言われると、壇上で「バック宙」を披露する場面もあった。

 西岡選手は「夢を持ってそれに向かって頑張ってください。この中から東京オリンピックで選手として一緒に戦える人が出てきてくれたらうれしい」とエールを送った。

 3年生の鈴木啓人君(18)は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら