[PR]

 米ヤフーが過去最大とみられる個人情報の流出に揺れている。22日、約5億件のアカウントの情報流出が起きていたと発表。米通信大手ベライゾンによるヤフーのネット事業買収にも影響が出かねない。

 情報流出は2014年末に起きた。「外国政府の支援を受けた者が社内システムに侵入」し、最低でも約5億件分が流出したという。ヤフー日本法人は「今のところ日本のヤフー利用者が含まれているという情報はない」としている。

 流出したのは、利用者の名前、メールアドレス、電話番号、生年月日、記号に置き換えられたパスワードなど。クレジットカード情報や銀行口座の情報は流出していない模様だ。米ヤフーは米捜査当局と調査を続けているという。

 米ヤフーは7月、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズに中核のネット事業を売却すると発表。買収手続きは17年1~3月期に終える予定だ。今後、米ヤフーが問題を把握しながら入札を進めたかどうかが焦点になりそうだ。

 ベライゾンの広報担当者は「2日前に情報流出を知らされた。ベライゾンへの影響は、捜査の進展とともに判断したい」と買収手続きへの波及には明言しなかった。ただ、問題を最初に報じた米ネットメディア「recode」は、「ベライゾン幹部はつい最近までことの深刻さを知らされず、入札時にも注意はなかった」として、米ヤフーへの不信感を伝えている。(米ポーツマス=宮地ゆう)