[PR]

 野生動植物の保護について話し合うワシントン条約締約国会議が24日、南アフリカのヨハネスブルクで始まった。10月5日まで。

 絶滅が危惧されるゾウの密猟を止めるため、象牙の取引を続ける日本を含めたすべての市場を閉鎖すべきかなどが話し合われる。

 市内では環境団体がデモ行進し、「私たちのゾウをこれ以上殺さないで。日本は象牙の取引をやめて」などと訴えた。(ヨハネスブルク=三浦英之