[PR]

 国立がん研究センターは、2014年にがんと診断された患者の病院ごとの症例数などをまとめた。5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)に続く、食道、膵臓(すいぞう)、前立腺、子宮頸部(けいぶ)、子宮内膜(子宮体部)、膀胱(ぼうこう)、甲状腺の7部位で、全体での診断時の進行度も初めて示した。26日に公表した。

 全国421のがん診療連携拠点病院などから集計された67万205例のうち、条件を満たす12部位の約38万例で進行度を分析した。

 各病院で14年に診療した部位・進行度ごとのがんの症例数や治療方法はウェブサイト(http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_registry.html別ウインドウで開きます)で見ることができる。7部位では初めてで、例えばある病院で、1期(ステージ1)の食道がんをどれぐらい診療し、手術や化学療法などどんな治療をしたかを確認できる。各病院の特色がわかるので、治療を受ける病院やセカンドオピニオンを受ける病院を選ぶ際に役立ちそうだ。

膵臓がんや食道がん、早期発見へ課題

 5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)に続く、食道、膵臓(すいぞう)、前立腺など7部位で、がんと診断されたときの患者の進行度がわかった。膵臓がんや食道がんなどは進行して見つかった割合が高く、早期発見のための診断方法の改善などの課題が浮き彫りになった。

 国立がん研究センターが集計した、全国421のがん診療連携拠点病院などで2014年にがんと診断された67万205例は、その年にがんと診断された患者の約7割を占めるとされる。7部位は規定の研修を受けた職員がいる323施設を対象にした。

 がんの進行度は最も軽い0期から最も重い4期までの5段階に分類。4期で見つかる症例は膵臓が43・4%と12部位で最も高く、肺が続いた。膵臓は胃の裏側にあるため画像などで見つけるのが難しく、自覚症状も少ないためとみられる。検査技術の向上が求められており、血液検査などで早期発見する方法の研究が進められている。

 食道は1期が34・1%で最も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら