【動画】各務原市教育委員会文化財課長の西村勝広さんと大学生の山口幸恵さんが、各務原台地を歩いた=竹井周平撮影
[PR]

 航空自衛隊岐阜基地や航空宇宙関連の工場、ニンジン・サツマイモの栽培……。そんな岐阜県各務原(かかみがはら)市の特徴を生んだ原点は、「各務原台地」だという。市内を東西に広がる台地を歩き、地域の成り立ちを探った。

 9月19日正午、市役所前に3人が集合した。台地に詳しい市教育委員会文化財課長の西村勝広さん(51)に案内役をお願いし、市内に住む大学1年生、山口幸恵(ゆきえ)さん(18)を地元の若者代表として、記者と3人で各務原台地を歩いた。

 手始めに、西村さんが質問する。「どうして航空宇宙産業が活発になったのか、台地との関係、わかりますか」。各務原で生まれ育った山口さんも「え、わかんないです」と戸惑いがちに答えた。

 市役所も台地の上にあるという…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース