[PR]

 アメリカでは、学術研究機関が受け入れ可能な人材の数を超える研究者が生まれている。

 これまで、アメリカにはもっともっと学術研究者が必要だと言われてきた。しかし、彼らが最も望んでいる職業は刺激的な仕事ができるとみられている終身在職制の大学教授などだが、博士号(Ph.D)取得者と受け入れ側との間にギャップがある。たとえば、バイオメディシン(biomedicine=生体臨床医学)のような人気分野だと、志願者のうちポストが得られる比率は6対1以下だ。

 博士号の取得後、学術研究機関に職を得られるようになるまでに、多くの人は何年も下働き状態で過ごすことになる。ゲノム編集技術で画期的な成果をあげ、2015年にドイツのマックス・プランク感染生物学研究所の所長になったエマニュエル・シャルパンティエ(訳注=1968年生まれで、フランス出身の生物学者)でさえ、それまでに計5カ国で合わせて九つの研究機関を渡り歩いてやっとたどりついたポジションだった。

 学術研究機関における終身在職…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも