[PR]

 コニー・コールは、自分が住む退職者向けのコミュニティーに「ブレーン・フィットネス(脳トレ)」のコースが設けられたので、ぜひ加わりたいと思った。そして希望どおりに参加でき、iPadの使い方を習ったり、対話や書き物を通じたより複雑な作業にも取り組んだりしている。

 「父が認知症だった。だから、私はできることがあるなら何でもやってみたい」とコール(86)は言う。元小学校教師の彼女は、毎朝、数独パズルにも挑戦している。「もし子どもたちに何かしてあげられることがあるとすれば、それは子どもたちに面倒をかけないこと」

 認知症の治療法はまだ見つかっていない。何らかの脳トレがアルツハイマーの進行を遅らせることができるという科学的な証拠もない。しかしながら、多くの専門家によれば、(コールが参加しているような)脳トレ教室は高齢者に有益な技能を提供し、健康全般やQOL(訳注=「生活の質」という意味だが、精神面の豊かさや自己実現を含めた概念として使われる)を高める効果がある。

 コールが参加している脳トレ教…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも